当サイトでは、補聴器のよくある疑問を解決できるお役立ち情報を掲載してあります。
一例をあげると、ノイズが聞こえてくるけれどもそのまま使用し続けて良いのか、人気があるのはどのようなタイプなのか、購入する前に知っておきたいことや購入後に感じたことなどを解決できます。
他にも、両耳に装着しなければならない人の悩みや購入においてどのようなお店に相談するのが良いのかなど、購入前後に感じることを解決できる情報を紹介していますので、既に使っている人や使用したい人にも役立ちます。

補聴器のよくある疑問を解決!

補聴器のよくある疑問を解決! 補聴器を装着したときにピーピー鳴ることがありますが、これはハウリングと呼ぶもので故障ではありません。
ハウリングは増幅された音が再び補聴器のマイクから入り起きる現象で、音が大きいほど起こりやすくなります。
両耳に難聴を持つ人は両耳式の補聴器を使うことで悩みを解決できますが、両耳式を利用するときには左右でバランスよく聞くことがポイントになってきます。
これから購入を検討される人の中には人気の補聴器はどのようなタイプであるのか疑問に思う人も多いかと思われますが、耳掛け式などの場合は操作性に優れている、デザインも豊富にある人気種の一つです。
また、オーダーメイドなら自分の耳に合う補聴器を作ることができます。

補聴器と集音器にはどのような違いがあるか

補聴器と集音器にはどのような違いがあるか 耳が聞こえにくくなった場合には、補聴器の利用を検討してみたいと考えている人が多いのではないでしょうか。
補聴器は、身の回りの音を耳元で大きく聞こえるようにして、低下した聴力を補うための「管理医療機器」という扱いになるものです。
そのために難聴の症状が重く困り感のある方には、購入にかかる費用を助成する制度も設けられていますので、お住いの地域の福祉関係の窓口で相談すると良いでしょう。
専門的な管理医療機器となりますので、設定に関しては専門的な知識が必要となります。
難聴について取り扱っている医院で医師に相談をしたり、言語聴覚士にお願いしたりするなど、取り扱いに関してはしっかりと行うことが重要です。
最適な設定ができると、ご自身の聞こえが大きく改善して生活の質の向上が見込まれます。
集音器は補聴器とは異なり、管理医療機器ではなく音響機器という扱いとなります。
手軽に利用できる比較的リーズナブルな製品が多く、少し聞こえにくくなってきたと感じている人が使用すると、状態が改善する可能性を期待することができます。
詳細なフィッティングをする必要がなく、一般の家電販売店や通信販売でも手に入れることができるため、最初は集音器の利用から始めてみるのも良いでしょう。
2つの機器の特性の違いを理解して、利用する製品を決定してください。

補聴器を使用するうえで知っておきたいこと

補聴器を快適に使用し長持ちさせるためには、気を付けておくべきことがあります。
まず、補聴器は精密機械となるため、湿気があるところに置いておくと寿命を短くしてしまいます。
そして、使わない場合は電池を取り外したうえで、乾燥ケースにしまっておくことをお勧めします。
なお、乾燥ケースに電池を入れると電池の消耗が激しくなります。
電池は、気温が下がる冬の時期は、体温などで温めてから使い始めると正常に動作します。
補聴器のお手入れ方法は、機種によって異なります。
それでも、耳の穴に入れる部分は耳垢や汚れがたまりやすいので、専用のブラシやアルコールに浸した綿などでふくことが勧められています。
また、イヤモールドや耳栓タイプのものは中性洗剤を入れたぬるま湯などに浸して、つまようじなどの細い棒で清掃すると汚れが取りやすいでしょう。
補聴器はセルフケアとともに、販売店などで定期的にメンテナンスすることで快適に使用することができます。

補聴器にも簡単なものと複雑なものがあります

不幸にして、耳の聞こえが生まれながらにして良くない人や後天的に悪くなってしまった場合に補聴器は本当に必要なものです。
補聴器の形状は、大きく分けて2種類。
一体型と分離型に分かれます。
一体型というのは概略簡単なもので耳の穴にフィットする形状で、悪い言い方をすれば、耳の穴に綿を詰めたものを想像してもらえば分かり易いと思います。
そして、分離型というのは耳の穴に入れる部分はあくまで音を拾うだけで、その音を電気処理したり増幅したする本体と分離しているものを指します。
本体が大きいと邪魔になるので評判があまり良くありません。
耳の後ろに引っ掛ける本体だと目立たなくて使いやすそうです。
一体型は小さいので、失くしやすいという欠点があります。
また、本体を小型化するためにボタン電池を使うものでは電池代が結構掛かります。
充電池を内蔵したものは、充放電寿命が十分なら電池交換が不要で便利です。
しかし、充放電寿命がくれば交換が必要です。

愛媛の補聴器についてはコチラもチェック

愛媛 補聴器